気ままに絶チル

椎名高志先生のファンサイト 「絶対可憐チルドレン」「GS美神」「THE UNLIMITED 兵部京介」など語っています
気ままに絶チル TOP  >  絶チル本誌 >  虹の彼方に待つ未来は・・・?

虹の彼方に待つ未来は・・・?

絶対可憐チルドレン536th sense.ヘッドハンター(6)

この話は非常に驚きましたよ、前回の話から一週休載があったにもかかわらず先週もう一話あったかなと思わせるほど急展開。
そしてようやくサブタイトルの意味が分かってきました。

ギリアムからの提案(ヘッドハント)です。
ダウンロード
いやこんな感じじゃないけどギャグにするとこんな感じです。

クローンチルドレンの中から出てきたスケアクロウ=案山子=「恐怖をあやつること」=「カラスを脅かす」と皆本から説明されますで過去の週を思い出すと

20190410233208.jpg

まんまカラスにカカシ・・・ 3週前の伏線・・・まぁこのくらいだと記憶にあるかなという感じですが・・・

この幼く強大なチカラ「ドロシー」とチーム名「ウイザード」
こっちの伏線で思い当たるのがいくつかありますがどれが正しいかわからないので適当に書くと

「仮面ライダー」とは、人間の絶望から生まれる怪物「ファントム」と戦う魔法使いである。彼ら自身も絶望の淵に立った経験を持ちながらも、強い意志でファントムを精神の内側に封じ、その力を「ウィザードリング」と呼ばれる指輪によって引き出して、魔法を行使する。(仮面ライダーウィザード)

「ドロシー」 オズの魔法使い
「We must be over the rainbow」=「虹の彼方に」 今週の扉絵の煽り
ドロシーは棒に引っ掛かったカカシを助け、ブリキの木こりに油をさし、臆病なライオンと出会う。カカシは脳を、ブリキの木こりは心を、ライオンは勇気を手に入れる願いを叶えてもらうため、ドロシーとトトと共に魔法使いに助けを求めにエメラルドの都に向かう。



といった感じに見た目もオズの魔法使いかな。 服は黒いけどチルドレンの小学生編を意識したリボンまでつけてるのとかね・・・
第四のチルドレンの「ドリー」成分はどうだろうな、、、ユーリにとられたか。。。

あとツイッターでもつぶやきましたが皆本が

て感じに落葉と威河弘徽 ダークネスナイトに2003年より前の構造段階の皆本(単行本5巻記載)まで絡んできそうな・・・
皆本の隣の子はツインテールとかまでね。。。これはすごいことになりそうです。
これはこのままいくと薫を討つシーンの復活が期待できそうでここにきてのわくわくが止まりませんw

といった形で最近更新してなかったのに一気に書いてしまいました。
椎名先生の30周年展示会にサイン会も楽しみです。当たらないかな~~
関連記事
関連タグ
[ 2019年04月11日 02:05 ] カテゴリ:絶チル本誌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

絶対可憐チルドレン
IEで表示が崩れる場合F5キーを押して下さい


関連商品は、こちらからどうぞ。
ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
RSS Twitter
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  11  10  05  04  03 
検索フォーム

椎名高志ワールド